安定期のうちに、入院準備をしましょう|妊娠☆子育てnavi【出産編】

安心して出産できるように婦人科・産婦人科を選ぶ安定期のうちに、入院準備をしましょう

8ヶ月の頃になると、お腹の膨らみも随分大きくなっている頃。
5ヶ月頃から続いた安定期も終盤に差し掛かり、妊婦ママの体は徐々に出産に向かって変化し始めます。
これまでの時期、体が楽に動くと感じていたママさんは多いはず。
でも、妊娠9ヶ月を迎えると、さらに大きくなる子宮に圧迫され、動くのが辛くなったり、食事が沢山摂れなくなったり・・・ おトイレも近くなり、腰痛がひどくなる場合もあるため、外出はこれまでほどしにくくなる人がほとんです。

ですので、体を動かしやすい8ヶ月頃までに、ある程度の入院準備を済ませておきましょう。
と、言うのも、入院準備には、女性特有のアイテムが多いから。
なかなか旦那様やお母さまに「あれ、買ってきて〜」と言いにくいものです。

加えて、妊婦ママの体には、いつ何時、変化が起こるかわからないもの。
私の友人は7ヶ月の頃に切迫早産と診断され、それから出産直後まで、ずっと入院生活でした。
勿論、自分で入院準備も、出産準備もできない状況だったそうです。

体調や気持ちに余裕のあるうちに準備しておくと、安心感が違うと思います!

何が必要?出産入院アイテム何が必要?出産入院アイテム

出産入院は、普通の入院とは違った、特殊な入院スタイル。
入院する時は妊婦さん一人だけど・・・退院する時は、赤ちゃんを連れて、二人連れになります。
当然、赤ちゃんのためのアイテムも、出産入院の準備グッズには含まれていますし、 産後すぐの入院中から母乳育児を始める病院が多いため、母乳アイテムも必要になってきます。

出産入院のためのグッズは、産院に確認しましょう出産入院のためのグッズは、産院に確認しましょう

産院によって、出産入院に必要なグッズは少しずつ異なってきます。
例えば、多くのアイテムを産院で準備して下さるところ、自分の使いなれたものを持ってくるようにと言われる産院・・・
助産師さんや看護師さんがケアしあすいアイテムを指定している産院も多くあります。
出産のお祝いにと、産後用品をプレゼントして下さる病院もあるとか。
ですので、出産入院に必要なアイテムは病院に確認してみましょう。

わからなければ、産院に相談しましょうわからなければ、産院に相談しましょう

私がそうだったのですが、入院出産に必要なグッズ、初めて聞くようなアイテムもあります。
「これって・・・どういうもの?」「こんなもの、どこに売ってるの?」なんて疑問がわいたら、助産師さんなどに相談してみましょう。

出産入院の際に使うアイテムは、助産師さんや看護師さんが一緒にケアして下さるものも多いもの。
助産師さんに聞いて、使いやすいものを揃えるのが一番です。

出産入院アイテムの例出産入院アイテムの例

ここには、私が産院から「準備してくださいね」と言われた出産入院のグッズを紹介します。
色々悩んだものもあるので・・・参考にしていただければ、と思います。

・スリッパ
・ナプキン大
・母乳パッド
・産後用骨盤ベルト
・産褥ブラ2枚
・産褥ショーツ5枚
・タオル3枚
・ベビー用バスタオル2枚
・ベビー用ガーゼハンカチ
・ベビー退院服
・洗面用具
・ハブラシ
・シャンプー・リンス
・診察券
・母子手帳
・印鑑
・診察券

出産入院のアイテムは外出しやすい8ヶ月頃までに揃え、ひとつのカバンにまとめておくとよいでしょう。
緊急入院の際にも、慌てずに済みますね

つれづれなるままに・・・ちっさいメモ妊娠・子育て・出産についての、ちっさいメモ♪

私はこれまで、入院の経験がありませんでした。
病院によって差はありますが、出産入院は産後5日程、病院内にいて検査を受けたり、安静にしたりして過ごすもの。
5日も病院に入院・・・退屈しないかしら、と心配になってしまいました。

とはいえ、産後のママさんは、あまり目を使う趣味を行わないのが良い、と言われています。
産後すぐに目を普段のように酷使すると、更年期障害がひどかったり、体調不良を起こしたりするそう。
産後の体はデリケートで、思っている以上に疲れているものなんでしょうね。
おまけに、現代人は多く、目を使いすぎている傾向にあるから、だそうです。
産後の入院は、これから始まる育児生活への体力温存期間、と考え、ゆったりと過ごすように心がけたいものです。

出産入院の際に必要なアイテムは、退院後もお世話になるものが多いです。人気ランキングや口コミサイトで紹介されている評判のよいマタニティアイテムを選ぶママも多いみたいです。