妊娠糖尿病を知っておこう|妊娠☆子育てnavi【出産編】

妊娠糖尿病を知っておこう妊娠糖尿病を知っておこう

妊娠糖尿病とは、それまで糖尿病の症状がなかった人が妊娠をきっかけに発症することをいいます。妊娠糖尿病とは、それまで糖尿病の症状がなかった人が妊娠をきっかけに発症することをいいます。

症状が出ると、妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、羊水過多症、感染症などを引き起こしやすくなったりします。又、出産後にそのまま糖尿病になってしまう可能性もあります。

赤ちゃんを宿したママの体は、胎盤から出るホルモンによってインスリンの作用が弱まります。したがって赤ちゃんがいるママは、通常よりも多くの量のインスリンが必要となるのですが、インスリンの量が足りないと妊娠糖尿病になってしまうのです。

妊娠糖尿病について妊娠糖尿病について

赤ちゃんを宿したママの体にインスリンが不足し、慢性的に血圧が高血糖状態になる病気です。赤ちゃんを宿したママの体にインスリンが不足し、慢性的に血圧が高血糖状態になる病気です。

病気には、赤ちゃんを宿したことによって糖代謝が低下して発症した場合と、元々糖尿病だったのが妊娠中に発覚したなど、さまざまな場合があり、症状の程度もさまざまです。

妊娠糖尿病になると、胎児へも影響を及ぼしてしまいます。妊娠糖尿病になると、胎児へも影響を及ぼしてしまいます。

ママの血糖値が高いと、糖が赤ちゃんにも行きわたり、胎児も高血糖の状態となってしまいます。赤ちゃんに移行した糖は脂肪となるため、巨大児がうまれる可能性もあります。その他にも、逆に赤ちゃんが発育不良になったり、胎盤機能不全や妊娠高血圧症候群になったり、生まれてからの赤ちゃんに重い新生児黄疸が出たりなど、様々なトラブルの原因となってしまいます。

出産後は正常に戻る病気ですが、約半数は10〜20年後に再発する可能性の高い病気です。出産後は正常に戻る病気ですが、約半数は10〜20年後に再発する可能性の高い病気です。

妊娠糖尿病になったら、食事療法と運動療法で血糖値を正常に保つようコントロールすることが大切です。医師の指導に従い、生活習慣の改善に努めましょう。

妊娠糖尿病を予防しましょう妊娠糖尿病を予防しましょう

妊娠糖尿病は、難産を引き起こしたり、生まれた赤ちゃんに悪影響を残したりする、怖い病気。
だからこど、病気にかからないように予防をしましょう。

糖尿病になっってしまったママは、インシュリン注射などの治療方法があります。インシュリンは胎盤を通らないので、赤ちゃんに影響はありません。

妊婦はたくさん食べて良いと言われますが、食べすぎは様々な病気の元になってしまいます。妊婦はたくさん食べて良いと言われますが、食べすぎは様々な病気の元になってしまいます。

急激な体重変化に気をつけましょう。妊娠糖尿病の一番大きな原因は、糖分の取りすぎです。

お菓子などはモチロン、果物なども、食べ過ぎないよう気をつけましょう。

運動は血糖値を下げるのにとっても効果的です。運動は血糖値を下げるのにとっても効果的です。

散歩や水泳、水中ウォーキングやエクササイズなど、その日の体の調子に合った運動をしましょう。

又、赤ちゃんがいるママの体は、ホルモンの影響や腎機能の変化で、尿中に糖が出やすくなります。そのため、尿検査の結果だけで判断せず、通常は随時血糖値の測定や糖負荷試験を行います。


つれづれなるままに・・・ちっさいメモ妊娠・子育て・出産についての、ちっさいメモ♪

妊娠糖尿病は、最近言われるようになった症状。以前は妊娠したら何でもいっぱい食事を摂りなさい!と言われていたのに・・・予防としては、まずは食事療法。すでに合併症などがある人は専門医に相談して。糖尿病は脳梗塞・メタボリック・痛風・脳卒中・心臓病・腎臓病などの恐ろしい病気の引き金になる上、生命保険などに入れなくなるケースも。