離乳食の具体的な順序・進め方|妊娠☆子育てnavi【育児編】

離乳食を始めましょう!離乳食を始めましょう!

母乳やミルクは、赤ちゃんが育つために必要な栄養素が含まれているものです。

しかし赤ちゃんの体が大きくなるにつれて、母乳やミルクだけでは赤ちゃんの成長に必要な栄養素が不足がちになります。だけど、まだまだ歯も生えていないし、消化器官も見発達なため、大人のような食事を摂取することができません。

ミルクから、通常食に以降するあいだに食べるのが、離乳食。

母乳やミルク以外の味に慣れながら大人と同じ物が食べられるよう、離乳食で食べる練習を「その子のペースで」ゆっくり進めましょう。

赤ちゃんと相談して離乳食を始めましょう赤ちゃんと相談して離乳食を始めましょう

離乳食のスタートは、生後5〜6か月頃が適当とされています。だけど、赤ちゃんの様子を見て、その子にあったペースで進めていきましょう。遅くても早くあまり心配しないで。

赤ちゃんがこんな様子なら・・・そろそろ離乳食を始めましょう赤ちゃんがこんな様子なら・・・そろそろ離乳食を始めましょう

  ・首のすわりがしっかりして、支えてあげると座ることができる

  ・起きる時間や寝る時間、お昼寝や授乳の時間などの一日のリズムが整ってきた

  ・機嫌の良い時間が増えてきた

  ・母乳以外の食べ物に興味を示す

  ・大人が食べているのを見て、食べたそうに口を動かす

  ・スプーンなどを口に入れても舌で押し出す回数が少なくなる

離離乳を始めるのは、ベビーが「食べたそうな様子」になってから。

大人が食べるのを見て口をモグモグしたり、よだれが多くなるなどの動きを目安にしましょう。

生後5〜6ヶ月頃が適当とされていますが、あくまでも赤ちゃんの様子を見ながら。慌てずゆっくり進めてあげましょう。食べ物に興味を持ちはじめ、赤ちゃんの機嫌の良い時間が増えてきた時期が、スタートのサインです。

離乳食の進め方の目安離乳食の進め方の目安

離乳初期離乳中期離乳後期離乳完了期
生後5〜6か月7〜8か月9〜11か月1歳〜1歳6か月
回数1〜2回2回3回3回+おやつ
硬さ滑らかにすりつぶす豆腐くらいの硬さ
舌でつぶせる程度
柔らかいバナナの硬さ
歯ぐきでつぶせる程度
バナナくらいの硬さ
歯ぐきでつぶせる程度
ポイント様子を見ながら
機嫌の良い時に
1日1回1さじずつから
離乳食の後は充分に
母乳やミルクをあげて
食事リズムを作るため
同じ時間に食事を
色々な味や舌触りを
楽しめるように
食品の種類を増やして
アゴを使いだしたら
食事を3回に
食事の楽しみ知るため
皆で一緒に食事を
1日3回大人と一緒
手づかみで食べて
食べる喜びを

つれづれなるままに・・・ちっさいメモ妊娠・子育て・出産についての、ちっさいメモ♪

離乳食は母乳から大人の食事へのレッスン段階。
食べ物を食べることの楽しさ、伝えてください。

簡単レシピについて、人気ランキングや口コミを利用するのも◎。ママの日記や掲示板には簡単挿レシピも満載。

アレルギーの不安があっても、勝手に食事制限をしないように。離乳食に適してる食材はバナナなどの果物、オートミール・かゆ・おもゆ・きなこ・こんにゃく・ごはん・ごま・ささみ・しらす・たまご・とうふ・にんじん・はんぺん・ひじき・ホウレンソウ・れんこん・グレープフルーツ・ケーキ・コーンフレーク・ツナ・パン・フレンチトーストなどなど・・・フードプロセッサーやヨーグルトを使って柔らかくする工夫もしてあげてね。