分娩スタイルを選ぶ〜私の無痛分娩体験記〜|妊娠☆子育てnavi【出産編】

分娩スタイルを選ぶ〜私の無痛分娩体験記〜分娩スタイルを選ぶ〜私の無痛分娩体験記〜

私はとにかくビビりで、痛いことが苦手。
出産も長い間「痛い・しんどそう・怖い」と・・・後伸ばしにしてきました。

そんな時、従妹が無痛分娩で元気な女児を出産。
「楽だったよ〜おすすめ」の言葉で、私は出産を決意しました(笑)

ただ、無痛分娩はまだまだポピュラーな分娩方法とは言えませんね。
「名前は聞いたことあるけど、麻酔を使うんでしょ・・・」
「それって普通分娩なの?」
「やっぱり出産は痛みを伴わないといけないよ」という意見もありました。

現在、日本でもたくさんの分娩方法が提唱されていますね。
ソフロロジー法や水中分娩、プラネタリウムの中での出産という産院もありました。
最近では、再びお家で産婆さんを呼んで生む、というスタイルも流行しているそう。
これらそれぞれに良い点もあればリスクもあるものだと思っています。

新しい出産スタイルだと、どうしても周囲の人から「それ、大丈夫なの?」といわれる事も増えます。 自分の選ぶ出産方法の利点とリスクをしっかり理解し、自分の選んだ方法に自信を持つというのは、 大切なのかもしれません。

さて、そんな私の無痛分娩の体験日の日程をご紹介・・・

正午:私は先に破水が起こってしまいました。すぐ産院へ。
   ↓
簡単な検査があり、浣腸で腸内をキレイにされました。
   ↓
分娩台にて麻酔注射。麻酔は腰に打ちます。
(本来は子宮口が10cmになるまで待つそうですが、破水があったため、すぐ麻酔がされました。)
   ↓
一人静かに分娩台にて待機。
時々先生が麻酔の具合をチェックに来ます。
   ↓
7時間後、無事出産。

出産の際には「何や、無痛分娩って言っても痛いししんどいやん・・・」と思いましたが、 体力も残っていて、駆け付けた母にも「なんや元気やん」と言われるくらいだったので・・・ やっぱり無痛分娩のおかげで楽に出産できたのだと思います。

何より、産後が楽でした。翌日から、体の痛みはありましたが・・・体力があるので元気。
私は二人目も、絶対無痛分娩にしようと思っています(笑)

産院によって違う、無痛分娩のスタイル産院によって違う、無痛分娩のスタイル

ひとことで「無痛分娩」といっても、詳細は産院によって大きく異なります。

大まかに分類しますと・・・

・ベビーをとりあげる先生が、同じく麻酔も担当してくれる

・ベビーをとりあげる先生と麻酔を打つ先生が別に常勤している

・麻酔を打つ先生が別の病院からやってくる

診断〜出産、産後まで立ち会ってくれる先生が麻酔を打ってくれる病院だと、 出産予定日だろうとそうでない日だろうと、無痛分娩が可能な場合が多いです。

しかし、たとえば麻酔を打ってくれる先生が火曜日と金曜日しかいない、という病院であれば、 無痛分娩が行える日程は限定され、陣痛誘発剤等を利用し、特定の日に出産を行う事があります。 これらはママにもベビーにも大きい問題となってくると思いますので・・・ 無痛分娩を行っている病院でも、きちんと確認する必要はあると思います。

それから、無痛分娩での出産の際には、先に会陰切開を施す場合がほとんどだと聞きました。
理由は、ママが分娩の際、麻酔のためにうまく力調節ができず、 ひどい会陰裂傷をしてしまうためとか。
私は病院の先生に相談したところ、麻酔をうまくコントロールし、丁寧に会陰を保護してやれば 無痛分娩でも会陰裂傷を起こさず出産は可能、と言われました。
こちらもぜひ、先生に相談してみると良いと思います。

また、よく間違いやすいのですが、無痛分娩は最初から最後まで一切痛みを感じない出産ではありません。 私が出産した産院では、産道が10cmのところまで開くまでは麻酔は使用されませんでしたし、 いざ分娩の際にも、最低限の麻酔に抑えられていたため、陣痛も、赤ちゃんが下りてくる痛みもありました。
でも、最低限の麻酔に抑えないと自力で「いきむ」ことができないんだそうです。 なので、無痛分娩といっても、決して全てにおいて痛みがない訳ではないんです。

つれづれなるままに・・・ちっさいメモ妊娠・子育て・出産についての、ちっさいメモ♪

いかがでしたか?妊婦も安心のてづくりバスソルトは。
私は、安くて可愛いバスソルトが沢山作れるので気に入ってます♪
香りが物足りないという方は、お手持ちのエッセンシャルオイルを加えて作っても良いと思います。

手作りバスソルトで、あなたのマタニティライフをさらにハッピーに出来れば嬉しいです★